一般社団法人設立.comTOP画像

一般社団法人設立で絶対外せない4つの検討事項

検討事項① 法人形態の選択

一般社団法人には、営利型法人・非営利型(共益型を含む)法人・公益法人の3つの形態があります。運営される法人の実情に合った形態を選択する必要があります。

»検討事項①の詳細

検討事項② 会員制度の導入

一般社団法人において会員制度を導入する場合は、定款上で会員の定義をするとともに、どの会員が法律上の「社員」に該当するのか明確にしておく必要があります。

» 検討事項②の詳細

検討事項③ 機関構成の選択

一般社団法人には、「社員総会」「理事」「監事」「理事会」「会計監査人」という機関があります。設立する形態と運営の実情に合った構成を選択する必要があります。

»検討事項③の詳細

検討事項④ 基金制度の導入

一般社団法人には基金制度というものがあります。必須の制度ではありませんが、基金制度を導入する場合は、定款にその旨を必ず定めなければなりません。

»検討事項④の詳細

一般社団法人設立.comへようこそ

一般社団法人設立.comは、一般社団法人設立に関する必要な知識を説明するサイトです。

「一般社団法人の予備知識編」では、一般社団法人と他の法人との比較や、一般社団法人の構成や制度について説明しています。

特に、トップメニューにあります検討事項の①~④については、どのような一般社団法人を設立するかによって、十分に検討する必要がある重要事項です。

「一般社団法人設立手続き編」では、一般社団法人設立手続きの流れに沿って、重要な事項を各項目ごとに説明しております。

設立手続きの一助になれば幸いです。