一般社団法人の基金制度

一般社団法人の基金制度

一般社団法人には「基金」という制度があります。

「基金」とは、一般社団法人に拠出された金銭その他の財産であって、当該一般社団法人が拠出者に対して、両者の契約にしたがって返還義務(金銭以外の財産については、拠出時の当該財産の価額に相当する金銭の返還義務)を負うものとされているものです。株式会社の資本金とよく似ている制度なのですが、株式会社の資本金は拠出者に返済義務がないのに対して、基金はその拠出者に返済義務があることが大きな違いです。 つまり、基金は一種の外部負債ということになります。

また、基金の拠出者の地位は、一般社団法人の社員たる地位とは直接関係ありません。こういうところも、株式会社における株主の概念とは違うところです。 だから、一般社団法人の社員は、必ず基金を拠出しなければならない訳ではなく、基金への拠出がなくても社員になることが出来ます。

基金制度は、剰余金の分配を目的としないという一般社団法人の基本的性格を維持しつつ、その活動の原資となる資金を調達し、その財産的基礎の維持を図るための制度ですが、この基金制度を採用するかどうかは自由です(法的に基金の設置義務があるわけではありません)。

また、基金として集めた金銭等の使い道には法令上の制限はなく、一般社団法人の活動の原資として自由に利用することができます。