一般社団法人の定款を作成する

定款を作成する

「定款」とは、法人などの社団法人や財団法人が目的・組織・活動・構成員・業務執行などについての基本規則のことであり、それを記した書面・記録のことです。法人などの社団法人や財団法人は、この定款に定めた事項に違反する行為をすることは許されません。

簡単に言えば、法人の組織や運営方法の基本ルールを定めたものであることから、「法人の憲法」という言い方をすることもあります。

 定款に記載する事項

定款に記載する事項には、以下のような分類があります。

  1. 絶対的記載事項
  2. 相対的記載事項
  3. 任意的記載事項

 絶対的記載事項

「絶対的記載事項」とは、法律の規定により、必ず記載しなければならない事項であり、この記載が無いとそもそも定款として認められません。

株式会社における「絶対的記載事項」は、以下の項目となります。

  1. 商号(法人名) 
  2. 目的(法人が行う事業内容) 
  3. 主たる事務所の所在地(法人の住所)
  4. 理事の氏名
  5. 代表理事の氏名及び住所
  6. 公告の方法
  7. 監事、理事会、一般会計監査人の設置 など
  8. その他

 相対的記載事項

「相対的記載事項」とは、法律の規定によって、諦観に記載しなければ効力を持たない事項のことであり、

 任意的記載事項

「任意的記載事項」とは、定款への記載は効力要件ではないが、定款に記載されることで、変更に厳格な手続を要するという点で強力な効果を持つようになる事項。法律の規定に違反されない限り認められます。

矢印手続きの流れに戻る