法人謄本と印鑑証明書の取得

法人謄本と印鑑証明書の取得

一般社団法人設立手続きが終了すれば、その法人が設立したことを関係部署に届け出る必要があります(人を雇用する場合に届出が必要な関係部署もあります)。

関係部署とは、税金関係の税務署や県税事務所や市役所と社会保険関係の社会保険事務所や労働基準監督署やハローワークなどの官公庁のことです。

そして、その届出などの際に必要になるのが「法人の謄本(登記事項証明書)」や「印鑑証明書(法人代表印)」なのです。これらを取得する場所は法務局になります。

    矢印全国の法務局の一覧はこちらから

 法人の謄本(登記事項証明書)の取得方法

法人の謄本(登記事項証明書)を取得するには、法務局の備え付けの用紙「登記事項証明書交付申請書」に必要事項を記入して証明書交付受付窓口に提出します。

記入する項目は、窓口に来た人の「氏名」「住所」と法人の「名称」と「主たる事務所の所在地」と必要枚数ぐらいで簡単です!

それに、交付申請書を提出する際には、謄本の必要枚数分の収入印紙を購入して交付申請書に貼付しなければなりません。

謄本1通の収入印紙は600円になります。

 印鑑証明書の取得方法立

法人代表印の印鑑証明書を取得するには、まず、印鑑カードを交付して貰わなければなりません。「印鑑カード交付申請書」という用紙が法務局にありますので、窓口に言ってこの用紙を貰って記入し、窓口に提出します。

すると、印鑑カードが交付されますので、今度は法務局備え付けの「印鑑証明書交付申請書」という用紙に記入して、窓口に提出します。

この際に、必要枚数分の収入印紙を購入して交付申請書に貼付しなければなりません。

印鑑証明書1通の収入印紙は450円になります。

それでは、「法人の謄本(登記事項証明書)」と「印鑑証明書」が取得出来たら、まずは銀行で法人口座を開設しましょう!